• HOME >>
  • 京都マンションデータバンクの協力団体>>
  • マンション総合研究会

マンション総合研究会

マンション総合研究会は、2001年に京都市の実施した分譲マンションの全数調査を契機に、2003年にマンションの管理に関心の高い、
マンション管理組合の役員、学識経験者、弁護士、不動産流通業者、マンション管理士、建築士等が集まり、また京都市のオブザーバー参加も得て発足しました。

この調査の結果、市内に管理組合の役員になり手のないマンションが増加しており、修繕や建て替えをはじめ、市場での評価、流通などに
多くの課題を抱えていることが明らかになりました。マンション総合研究会ではこれらの課題や問題点の抽出、解決方法の模索を続けてきました。

解決策のひとつが、マンション総合研究会が2006年から開始した「京都マンションデータバンク」で、公開された京都市内のマンションデータを収集整理し、ユーザー(マンション購入希望者)がホームページ上で比較検討できるようにしたものです。また、ユーザーにとって最も重要な管理情報(管理組合の活動状況、修繕積立金の状況や修繕履歴等)を第三者の客観的なものとして得られるようにしたものが、2008年から準備を進めてきた今回のマンションの管理評価事業です。
その事業体として、マンション総合研究会が母体となり「非営利活動法人 京都マンション管理評価機構」を設立しました。

★マンション総合研究会★

〒602-8072
京都府京都市上京区新町通上長者下ル
元頂妙寺町298 澤井ビル3階

電話番号:075-468-1356